一戸建て」カテゴリーアーカイブ

子供の学校を考えながら、一戸建てを購入

長らく賃貸マンション住まいをしていましたが、下の子が中学校を卒業するのを待ってマイホームを購入しました。
以前住んでいたマンションは、校区がよいことで人気のエリアにあり、環境が良い分、家賃も高めでした。せっかく良い学校に通っているのに、子供を転校させるのは避けたかったので、同じ校区内で中古マンションを探した時期もありましたが、満足のいくものは見つからず、子供が卒業したら少し離れたエリアで一戸建てを購入しようと決めました。夫婦2人も40代に入っていて、家を購入するタイミングとしてはずいぶん遅くなってしまいました。
子供は2人も既に高校生なので、巣立った後のことを考えて、夫婦2人になった時のことを中心に考えて家を選びました。そのため、子供部屋は小さめです。一戸建てに引っ越したのに、部屋の広さがマンション時代と変わらないので、子供たちは不満だったようですが、そのぶん、広くなったリビングで過ごす時間が増え、家族のコミュニケーションの機会が増えました。

一軒家で、家族4人になります

私は、2人目の子どもが出来ることをきっかけに豊田市で一戸建ての家を探し始めました。

1人目ができたときも、手狭なのでいずれは引越しをしたいなと考えていたのですが、やはり、子ども2人でマンションで生活をしていくのは手狭だなとなり、そこから家探しが始まりました。

もともと、マンションがあった場所からそれほど離れたくないということで、近くの大きな住宅街の中で土地が見つかり、そこに家を建てて住み始めることにしました。

子どもが2人で、これ以上は増えないということだったので、間取りは4LDKが良いというのがあり、将来設計がしやすかったので良かったかなと思います。

リビングも広めに作ってもらったので、子どもが遊んでいるのを見ながら、料理を作ったりすることが出来ます。
リビングの横に、和室も作ってもらったので、そこで子どもが眠ることも出来ます。
子どもが生まれると、「こうしたほうが便利かな」というのが想像できるので、子どもが生まれる前よりも、生まれてから家を購入することになって、良かったかなと思っています。

マイホーム選びは新築物件!

マイホーム選びをしているとけっこう中古物件も多いので、最初は中古物件にしようか新築物件にしようかと迷った時期がありました。値段にしては中古物件の方がやすいですし、税金面を考慮すると新築物件の方が控除などもあるので新築物件しようかどうしようかとかなり悩みました。ですが、リフォームが必要な中古物件も多数あるので、マイホーム選びは新築物件がいいな〜と感じるようになり、次は、豊田市に注文住宅で建てるか建売住宅を購入するか迷い、住宅展示会場など積極的に見学へ出かけるようにしました。新築物件は、最近の住まい環境は、かなり素敵な人気物件が多く、アレルギー対策も考慮して造っている新築物件も数多くあるので、そういった住まい環境を探すようにしました。とても気に入ったマイホームを見つけることができ、そして契約することにしました。新築物件は、香りがよいので家族全員、新築物件にしてよかったね〜と実感していました。住まい環境が快適になったので、週末になると室内をアレンジしています。

時間帯を変えて日当たりをチェックするべき

私は特にリビングの日当たりを重視してマイホームを建てました。
マイホームを建てる予定の土地の日当たりをチェックするときには、時間帯を変えて見に行くことが大事です。私は注文住宅で一戸建てを建てる予定の土地へ昼に日当たりを見に行ったのですが、非常に日当たりがよくて満足しました。

しかし、朝に日当たりをチェックするとあまり日が入っていないように感じました。やはり朝の日当たりがよくないと、冬にとても寒さを感じてしまうので土地の購入をやめておきました。

また、土地の見学に行くときには平日と休日の騒がしさをチェックすることも大切です。平日は非常に静かでも休日に騒がしいということはありがちです。私は休日にゆっくり過ごしたかったので平日だけでなく休日にも静かな環境の土地を選ぶことにしました。

また、良い条件の土地は早く売れてしまうことがありがちなので、自分の理想通りの土地が見つかった時には躊躇しないですぐに買った方がいいと思います。