ヨーロッパは外断熱のおかげで建物の中は全く寒くなかった

ヨーロッパの家に住むなら、断熱性に関してはさほど気にしなくても良いと思います。私がいたところはイギリス北部で、冬はそれなりに寒いですし、寒い期間も長いです。しかし、部屋にいるとそう寒くないんですよね。暖房をつけなくても良いくらいで、掛布団は薄いものでした。これは海外の家は日本のように内断熱ではなく、建物をすっぽり覆う外断熱を採用しているからだと思われます。このおかげで廊下に出たら寒いということもなく、暑さ寒さに関してはかなり快適な日々が送れました。夏は涼しく暑さは気にならないので、今日本にいると湿気と溶けるような暑さで死んでしまいでそうです。ヨーロッパの家は大抵外断熱らしいので、テレビでも北欧の家の中では皆さん半袖で過ごされていますよね。日本も外断熱が一般的になればいいのにと思うものの、その技術が取り入れられないのが不思議でなりません。できても内断熱より高額になるので避ける人が多いみたいですね。