輸入住宅」カテゴリーアーカイブ

多くの方が輸入住宅に感心を持つ理由

今、多くの方が輸入住宅に関心を持っていますし、人気となっていて、輸入住宅メーカーの数自体も、昔よりかなり増えています。その理由としてどういった理由があるのでしょうか。
まず、輸入住宅は、憧れのマイホームというイメージが強いといえます。日本は、映画作品に出てくるような家に、憧れを抱く事が多いです。日本家屋などは、昔からある家として知られていますが、全く異なるデザインの輸入住宅については、とても新しいというイメージが強いです。こういった理由で、輸入住宅に訳もなく憧れているという方も多いと思います。

 

また、輸入住宅は、オシャレでデザイン性が高いというイメージがあります。最近では、建物もデザイナーズ住宅などの、小洒落た家が増えています。
デザインを追い求めた結果が、今の輸入住宅ブームであり、他の人たちと違う家を作りたいという方が選ぶ事が増えています。
輸入住宅はこのように、デザイン性が高く、新しいというイメージで愛されているのです。

輸入住宅を日本に取り入れた時のデメリット

輸入住宅は海外の住宅を日本にそのまま再現できるので、個人的にはとても魅力的に感じます。しかし、デメリットがあるとすればそれはその住宅が日本の気候に合っているか、耐えられるかでしょう。

日本は夏と冬の寒暖差が大きく、どちらの対策もしなければなりません。しかも、梅雨があるため湿気が多いことでも有名です。ですから夏は不快ですが、それは家も感じています。

日本のハウスメーカーは、地面から発生する湿気対策として基礎から考えています。湿気を好むシロアリの被害に遭わないためにも、床下の湿気対策は重要です。家の中では、珪藻土を使った壁紙を取り入れたりするなど、工夫が施されています。

もし、輸入住宅を湿気や暑さ寒さに困らない国から取り寄せたら、その家はこの日本の厳しい気候に耐えられるでしょうか。1年で差が激しいので、メンテナンス費用が高くなりそうな気もします。このことを考えると、耐久性に難ありとならないよう輸入住宅を建てるなら高気密住宅にするなど注意が必要ですね。